サイト内検索
透明フィルム本セットTOPへ



白印刷は絵柄を透けさせない為のみに使うのではなく、白印刷のみで表現することもとても効果的です。白印刷のタイトルとして使用したり、背景を白のみで表現したりなど使い方はアイデア次第です。グレースケール(0%〜100%)での印刷が可能ですので、白印刷濃度50%を下地に引くことで控えめな透け感を表現したり、白のグラデーションを下地に使用することで少しづつ白になるような表現方法なども可能です。白印刷をメインにしたデザイン等も面白いかもしれません。
※白100%を下地に引いても完全に透けなくはなりませんので、その事を考慮したデザインをお勧めします。

白100%でタイトルや模様を作成するとカッコいいです。


白100%が透けてしまう事を利用して、曇りガラスを表現。手で拭いた部分のみ透明に。

 




白100%を下地に引いても完全に透けなくはなりませんので、その事を考慮したデザインをお勧めします。対処方法として、白印刷の上に印刷するフルカラー印刷の濃度を濃くすることや、パターン柄などを入れることで、透けを目立たなくできます。

ウサギの着ぐるみ部分
(M100%+Y100%+白100%)
  ウサギの着ぐるみ部分
(M100%+Y100%+白100%にパターン柄)


ウサギの着ぐるみ部分
(白100%)
  ウサギの着ぐるみ部分
(C60%+M80%+Y100%+白100%)

 




実際に印刷した時にどのような仕上がりになるか気になると思います。簡易的ですが、画面上で確認する方法をご紹介致します。以下は表紙:高透明フィルムにCMYK+白印刷と中表紙:コート110kgにCMYK印刷で重なり合った時にどのような仕上がりになるかを確認する方法です。


 



透明フィルム本セットTOPへ