TOP>>本のセット商品>>ビビッドセット>>鮮やかマゼンタ印刷プラン
マゼンタと蛍光ピンクを半分ずつ混ぜ合わせた鮮やかなマゼンタで印刷します。
作品の雰囲気は残しつつ全体的に鮮やかに仕上がります。
通常マゼンタインクには若干の濁りがあり、その濁りが鮮やかな印刷を行う妨げになっています。また、完全にマゼンタを蛍光ピンクに差し替えてしまうと、赤がオレンジ色に変わったりと弊害がでてしまいます。そこでマゼンタと蛍光ピンクを混ぜ合わせることにより、濁りが無い鮮やかな印刷を行うことができます。マゼンタの色の深みは残しつつ、蛍光ピンクの鮮やかさも得る事が可能な印刷方法を是非一度お試し下さい。しかも、通常のフルカラーデータを入稿するだけで簡単にご利用出来ます。

※ホームページ上に記載されている蛍光ピンク印刷の画像や色のサンプルはあくまで目安です。環境やお使いのモニタの違い等により色味は若干変わる旨予めご了承下さい。
※「鮮やかなマゼンタ」はオフセット印刷のようにインク壺内で混ぜ合わせるのではなく、あくまでデータ上でマゼンタを蛍光ピンクとマゼンタに振り分けて作った疑似色です。







  
  ※「鮮やかマゼンタ印刷プラン」は通常フルカラー印刷データとしてデータ作成下さい。
 プリントオンにて「鮮やかマゼンタ印刷」用のデータに変換して印刷致します。
 CMYK/RGBデータどちらでも対応可能です。






作品によっては効果がでにくい絵柄や、意図しない色味に変わってしまったりする場合がありますので「鮮やかマゼンタ印刷」の特徴(メリットとデメリット)をよくご理解の上、ご利用下さい。


  


  作品によっては効果がでにくい絵柄や、意図しない色味に変わってしまったりする場合がありますので「鮮やかマゼンタ印刷」の特徴(メリットとデメリット)をよくご理解の上、ご利用下さい。






 
  マゼンタインクも使用しているので、色味が変わりやすい濃い部分の色味もしっかり保持します。
「蛍光ピンク差し替え印刷プラン」のように赤い部分の色味がオレンジ系に変わったりしません。




 
  難しいデータ作成は不要。いつも通りのフルカラー印刷データとして作成して頂くだけです。
プリントオンにて「鮮やかマゼンタ印刷」用のデータに変換して印刷致します。
CMYK/RGBデータどちらでも対応可能です。







  


  発色のいいマゼンタを使用しているイメージですので、当然マゼンタが入っていない色域は変化がありません。イエローやグリーン系、ブラック・グレー系の多い絵柄には効果があまり感じられません。

 



  せっかく蛍光ピンク印刷を利用するのに、マゼンタを鮮やかにするのに蛍光ピンクを使用する為、背景を蛍光ピンク100%にしたり、タイトルを蛍光ピンク100%にしたりすることができません。




  茶色やグレー(CMYを50%づつ使用したグレー)など3色(CMY)で表現する色域は印刷業界の用語で「色が転びやすい色域」と言われています。シアン・マゼンタ・イエローのどれかひとつ濃度が変わるだけで大きく色味が変わるからです。マゼンタを鮮やかにすることにより、当然このバランスが崩れて、大きく色味が変わったように見えてしまう場合があります。
※対策として、グレーに見せたい部分はスミのみで色を作ると回避出来ます。