TOP>>本のセット商品>>ビビッドセット>>ビビッドカラー印刷プラン
背景やタイトルなどをビビットな色にする事が出来ます。
レイヤーで指定した部分をビビットカラーで印刷します。
背景をビビットカラー100%で印刷したり、タイトルをビビットカラー100%でド派手に印刷したり、とにかくインパクト抜群の表紙を作成したい時にお勧めのプランです。
入稿データは、箔押し加工やエナメル加工のようにフルカラーデータとビビッドカラーにしたい部分とをレイヤーで分けてを入稿するだけです。ビビットカラーデータはモノクロ(グレーも表現も可)で作成してください。プリントオンで指定された部分を選択されたビビットカラーで印刷します。

※ホームページ上に記載されている蛍光ピンク印刷の画像や色のサンプルはあくまで目安です。環境やお使いのモニタの違い等により色味は若干変わる旨予めご了承下さい。
※ビビッドカラーインクはプリントオンが蛍光ピンクとプロセスカラーをデータ上で振り分けて作った疑似色です。あくまでレイヤーで指定した部分のみが、ビビッドカラーで印刷されることを分かりやすく、データ作りを容易にする為に出来たプランです。
※フルカラーデータとビビッドカラーデータは重ならないようにデータ作成下さい。重なるとフルカラーデータの色も反映して濁った色になってしまいます。










  
  ※「ビビッドカラー印刷プラン」は通常「フルカラー印刷データ」と「ビビッド印刷データ」を
 レイヤーで分けて入稿して下さい。
 フルカラー印刷データはCMYK/RGBデータどちらでも対応可能です。











作品によっては効果がでにくい絵柄や、意図しない色味に変わってしまったりする場合がありますので「ビビッドカラー印刷」の特徴(メリットとデメリット)をよくご理解の上、ご利用下さい。


  


  ビビッドカラーにしたい部分をモノクロレイヤーで作るだけで簡単にビビッドカラーに出来ます。面倒なフルカラーと蛍光色との色の配合を考えて、チャンネルで難しくデータ作成する必要がありません。
※フルカラーデータとビビッドカラーデータは重ならないようにデータ作成下さい。
 重なるとフルカラーデータの色も反映して濁った色になってしまいます。
 ビビッド印刷する部分の下の絵柄は「白」にして下さい。




  プリントオンにて幾度とテスト印刷を行い、一番発色が良い色をラインナップしていますので確実にお客様の表紙がビビッドに生まれ変わります。






  


  ※フルカラーデータとビビッドカラーデータは重ならないようにデータ作成下さい。
 重なるとフルカラーデータの色も反映して濁った色になってしまいます。
 ビビッド印刷する部分の下の絵柄は「白」にして下さい。

 



  ビビッドカラーインクはプリントオンが蛍光ピンクとプロセスカラーをデータ上で振り分けて作った疑似色です。現段階では蛍光ピンクインクしか存在しない為、ビビッドイエローやビビッドグリーン、ビビッドパープル等がご利用出来ません。
印刷機・インクメーカーに強く要望しておりますので、今後にご期待下さい。