色々な用紙に箔押し加工や浮き出し加工を施してみました。
オフメタル紙やレインボーペーパーなどに浮き出し加工を施したものが、かなり格好良いです。
実際の金属をプレス加工したような感じに仕上がりインパクト抜群で思わず触ってみたくなります。
 
オフメタル紙に浮き出し加工
実際の金属をプレス加工したような仕上がりでかなり格好良いです。
印刷せずに浮き出し加工のタイトルのみの表紙などいい感じになるのではないでしょうか?
グッズに使用すれば金属に加工したようなグッズが出来上がりそうですね。
 
オフメタル紙に金箔押し後、浮き出し加工
オフメタル紙に金箔押し加工後に、同じ場所を浮き出し加工してみました。
オフメタル紙自体がメタリックなので、金箔のメタリック感が際立ちませんでした。
正直、オフメタル紙には黄色のベタの印刷をすればメタリックぽくなるので、黄色ベタ印刷後に浮き出し加工すれば似たような仕上がりになりますし、安くできるので金箔は必要ないように感じました。
しかしながら、仕上がりは格好良いです。
 
オフメタル紙にホログラム箔押し後、浮き出し加工
ホログラム箔押し「ステラシルバー」 その後、浮き出し加工
 
ホログラム箔押し「ドットネオンゴールド」 その後、浮き出し加工
 
オフメタル紙にホログラム箔押し加工写真が左で、右の写真が箔押し後に、同じ場所を浮き出し加工した写真です。
やはりオフメタル系の用紙は浮き出し加工するとすごく格好良いです。
ホログラム箔についてですが、オフメタル紙自体がメタリックの銀ベースなので、銀ベースのホログラムを箔押しするとホログラム模様のみがオフメタル紙に乗っているような感じになります。
(バックに絵柄が描いてあればまた違ってくるのでしょうが・・・)
 
レインボーペーパーに浮き出し加工
レインボーペーパーに浮き出し加工してみました。
レインボーペーパーの幻想的な雰囲気にロゴやタイトルなどが浮き出る様は大変綺麗です。
使い方が難しそうですが、上手く使えばかなり良いものができそうですね。
絵柄自体もレインボーペーパーの良さを上手く引き出した絵柄にする必要がありそうです。