TOP>>特殊加工>>サーマルインク加工
温めると透明になり、下に印刷された絵柄が見える不思議なインク。
体温で温めると透明になる黒インクで印刷します。通常の印刷、加工後に特殊なインクを印刷します。
体温で温めたり、擦って摩擦熱を発生させるとインク部分が透明になり下の絵柄が見えます。
箔押しなどと同じような感じで原稿を作成下さい。


※36.5度位の温度でインクが透明になりますが、完全な透明にはなりません。乳白色気味になります。
※外気温が低いとインクの内部まで温まるのに時間がかかり、なかなか変化しない場合があります。
※外気温が高い(30度位)とインクが熱を持ち、体温まで達していなくてもインクが透ける場合があります。
※印刷とこの加工は別工程の為、若干のズレが発生します。
※PP加工が必須の加工です。必ずPP加工を選択して下さい。
 お勧めはマットPP加工で、インクの定着性が良く、加工も目立ちます。
※加工面積は全体の10%までとさせて頂きます。




  ※表紙全ベタがインク量100%とした場合のインク量10%迄となります。
※箔押し加工などのように範囲換算ではありません。
※10%を超える加工面積をご希望の場合はお問い合わせ下さい。








サーマルインク加工基本仕様
サーマル
インク加工
体温で温めると透明になる黒インクで印刷します。
通常の印刷、加工後に印刷します。
体温で温めたり、擦って摩擦熱を発生させるとインク部分が透明になり下の絵柄が見えます。
サイズ B5本用表紙、A5以下本用表紙、A4本用表紙
加工面積 全体面積の10%まで。
ただし、折り位置や断裁位置にかからないようご注意ください。(3mm以上離す)
原稿作成 サーマルインク加工のデータはモノクロ2諧調で作成してください。
サーマルインク加工の部分を黒色にしてください。
印刷絵柄と併せて入稿するときはレイヤーもしくはアルファチャンネルにて作成してください。
その場合もサーマルインク加工部分はモノクロのベタで作成して下さい。
小さな文字等、細かいデザインは表現できません。
納期加算 プラス5営業日加算
※土日祝日は定休日となる為、土日祝日を除いて計算してください。
※特別締切合わせの場合は加算日数分締切が早まります。
注  意

※小さな文字等、細かいデザインは表現できません。つぶれてしまうか、 表現出来ない可能性があります。
※36.5度位の温度でインクが透明になりますが、完全な透明にはなりません。

 若干白色気味になります。
※外気温が低いとインクの内部まで温まるのに時間がかかり、なかなか変化しない場合があります。
※外気温が高い(30度位)とインクが熱を持ち、体温まで達していなくてもインクが透ける場合があります。
※インクが一度熱を持ち、外気温が高いと黒に戻りづらくなります。
※通常の印刷と別の工程の為、シビアな位置合わせが必要な原稿は避けて下さい。
※クリアPPの上に加工を施すと表面がツルツルしているため、インクの定着性が悪く、 ツメなどで引っ掻くとトナーが剥がれたり割れたりしますのでお勧め出来ません。
マットPP加工後のサーマルインク加工をお勧め致します。
※持ち込み、または加工のみのご注文は承っておりません。
※通常の印刷と別の工程の為、シビアな位置合わせが必要な原稿は避けて下さい。

※仕様、料金は予告なく変更する場合があります。必ず最新の情報をご確認の上ご注文ください。



サーマルインク加工 (単位:円/消費税込)
サイズ B5本用表紙/A5以下本用表紙/A4本用表紙 納期加算
30部 13,500 +5営業日
40部 17,400
50部 21,000
60部 24,300
70部 28,400
80部 31,200
90部 35,100
100部 37,500
110部 41,300
120部 45,000
130部 48,800
140部 52,500
150部 56,300
160部 60,000
170部 63,800
180部 67,500
190部 71,300
200部 72,000
250部 86,300
300部 99,000