エナメル加工前の絵柄 エナメル加工後の絵柄
 
フルカラー印刷→マットPP加工→エナメル加工
エナメル加工と絵柄の上手な組み合わせにより、水に濡れ、文字が滲んだ状態が上手く表現なされております。絵柄は文字が滲んだような状態の絵を描いて、その上に水滴を表現するためにエナメル加工を施してあります。マットPP加工にエナメル加工を施すことで、エナメルのテカリとマットPPのマット感の質感の違いによる効果でより水滴が目立ちます。
さらにエナメル加工部分の面積を狭くすると表面張力により盛り上がり感が増します。
このように絵柄と上手く組み合わせることで、色々なものをよりリアルに表現することが可能です。
イラスト提供:37.5℃様