本文用紙とページ数を入力して背幅を計算してください。
下記「背幅の自動計算ツール」にて、選んだ本文用紙と本文のページ数でお客様の背幅を確認後、該当する本のサイズと背幅の「表紙テンプレート」をダウンロードして表紙原稿を作成下さい。
※ 背幅は「遊び紙」や「口絵」を入れていたり、製本時の糊のつき具合、選択された表紙の厚み等にり±0.5ミリ程度の誤差が出る旨、予めご了承下さい。
※上記の理由により背幅が2〜3ミリ程度の本には背表紙に「文字」や「絵柄」を描かない事をお勧め致します。(ズレが生じた際に目立つ可能性があります)
※遊び紙や口絵、厚めの表紙を選択されていると、背幅は若干ではありますが大きくなる傾向があり、製本の際に糊を多めに入れるなど、背幅が若干大きい分は調整が効きやすいため、下記の「背幅の自動計算ツール」は小数点の背幅は「切り上げて計算」するように設定されています。
 例:正確な計算上は、4.3ミリの背幅であっても5ミリとして表示されます。



  本文用紙を選択してください 本文ページ数を入力してください 背幅
× ページ    mm  

該当する本のサイズと背幅の「表紙テンプレート」をダウンロードして下さい。




※用紙選択項目の「コミック紙ホワイト」のみ、「B5本用」と「A5以下本」と分かれております。これは用紙メーカーが紙厚の統廃合を行い、B5本用の「コミック紙ホワイト」が若干薄い用紙に変更になった為です。以上の理由により、B5サイズの本で本文用紙コミック紙ホワイトを選択された方は、「コミック紙ホワイト(B5本)」、A5サイズ以下の本で本文用紙コミック紙ホワイトを選択された方は「コミック紙ホワイト(A5以下本)」を選択して背幅を計算して下さい。お手数お掛け致します。